食べ れる ストロー。 ストロー廃止はなぜ?プラスチック問題の経緯や企業の取り組みをご紹介!

スタバ、マクドナルド・・・プラスチック製ストロー使用廃止で注目される4つの「オルタナティブ・ストロー」

食べ れる ストロー

現在アメリカの多くの店舗では、エスプレッソドリンクやアイスティーなど冷たい飲み物の大半に対して、飲み口の部分が突起している蓋を採用している。 クロエ・カーダシアンのようなセレブ愛好家がいるだけでなく、イギリスのレストランでプラスチック製ストローの代替品として使用されるなど、支持を拡大している。 というのは、海水浴場などでもゴミ入れが設置されていてそこに捨てる人のほうが多いからです。 液体の中では最大24時間、形状をたもつということで、ふだんジュースなどを飲むぶんにはまったく問題ナシ。 今後はより「脱・プラスチック」の流れが世界的に加速していくことが予測される。 わら製の一番のメリットとして、100%自然由来であることから使用後に生ゴミと一緒に廃棄できる点がある。

次の

食べられるストロー

食べ れる ストロー

現在、 LIMEXを使用したストローの開発についての情報はありませんが、今後プラスティック製のストローの代替商品として LIMEX製のストローが登場するかもしれません。 今後も脱プラスチックストローの動きは加速すると見られている。 まねきねこを利用者の声 久々にまねきねこに来たら、紙ストローになってた。 プラスチックによる海洋汚染はなぜ問題なのか そもそも自然界にプラスチックが排出されると、どのような問題があるのだろうか。 本気で解決したいことがあったら、みんなが「当たり前」だと思っていることをあえて疑うことから、始めてみませんか? ちょっとした違和感の先に、大きな糸口があるかもしれません。

次の

食べられるストローで “NOプラスチック”!ポップでサステナブルな「LOLISTRAW(ロリストロー)」って?

食べ れる ストロー

「食べられる食器」が環境保護の有効手段の1つになり得ることを伝えた。 そんな世界的な環境問題の解決に向け、動き出す企業が現れた。 日本のケンタッキーフライドチキンでも、プラスティック製ストローの代替品を検討しています。 [via , , , ] (Text: 會田貴美子). ドリンクはアイスコーヒー、アイスティー、牛乳の3種類。 特に成型方法と機能保持の仮説検証を繰り返す開発過程で、生地の成型と耐水性を均一化させる仕上げ製法に多くの時間を投入したという。 1年以上前から菓子メーカーと打ち合わせをしてようやく完成したものだそうで、20〜30分程度ならカップの中身をしっかり吸い上げることができるんだそう。

次の

「ペーパーストロー」、「食べられるスプーン」……。エコフレンドリーな「プラスチック代替品」 BEST 6

食べ れる ストロー

同社では2年前、国内で脱プラ問題が話題になって以降、「企業としての挑戦」と位置付けて新商品開発に取り掛かり、ストローとしての機能を持たせる成型方法や、生地の成型と耐水性を均一化させる仕上げ製法を確立し、完成させた。 首都圏のカフェ等での採用が既に決まっている模様で、今後拡販に注力する構えだ。 看板商品のシガール 出典: ヨックモック提供 シガールとは ヨックモックの看板商品「シガール」。 食べられて、地球にも優しく、デザインもキュート。 出典: スプーンのみならず「食べられるカラトリー」を世界中に広めるため、現在はスプーンだけでなくフォークや箸などのラインナップの開発も進行しているそうです。

次の

【スタバ新作】食べられるストローやポテトチップのトッピングも!ホリデー第3弾は遊び心がたっぷりなんです♡

食べ れる ストロー

最近、街のレストランやカフェを利用したときに、「あれ?ストローって無くなったのかな?」と思ったことはありませんか? 実は、スターバックスコーヒーや、すかいらーくグループをはじめとした企業では、「今後数年間で、プラスティックストローを廃止する」取り組みが行われているのです。 ストローのような小さいプラスチックごみは、多くの場合リサイクルされることはない。 わが国ではプラスチック使用を規制する措置を出しても、その網の目をかいくぐるようなプラ製品が出てきてしまう」などといった感想を残している。 以前Pouchでは、いぐさでできた「」をご紹介しましたが、同じような発想をするのは日本だけに限らないんですね。 シンガポールをはじめアジア各国で開催されている食に関する展示会に、ライスストローを出展しており、高評価を得ている。

次の

『紙ストロー』にはデメリットのほうが多かった【環境と唇に良くない】

食べ れる ストロー

スターバックスやマクドナルドなどを筆頭に、プラスチックストローを廃止する企業の動きも活発です。 同商品は自社商品のスティッククッキー「チュエル」をベースに考案したもの。 と思ったあなた。 公式Facebookページやインスタグラムアカウントでは「これぞまさに探していたもの」「あなたの孫はきっとあなたに感謝するわね」といった同製品に対する賞賛の声が多数投稿されている。 中国メディア・東方網は23日、このような流れの中で「食べられる食器」を次々生産して注目を集める日本企業を紹介する記事を掲載した。

次の