ラウラ アン トレッリ。 全19作品。ラウラ・アントネッリが出演した映画ランキング

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ主演女優賞

ラウラ アン トレッリ

1978年• 1966年• 彼女もまた裸の出演が多い女優さんになりました。 のっけから亡くなってしまい写真になっていつも家族を見下ろしているお母さん、その夫イニャツィオの気難しいお母さん(この役の女優さんリッラ・ブリグノンは『続』でもサンドロの母親を演じています)、そして新しいお母さんと、3人の「母」の圧倒的な存在感。 それだけに、ストーリーやキャラクターは前作よりも単純化され、主人公たち以外の部分でコメディ色の強いキャラクターやシーンも多くなっています。 (『 Il processo di Verona』)• 1950年代 [ ]• 2015年6月22日、ラウラ・アントネッリさんがローマ郊外の自宅で息を引き取りました。 1965年• (『野性の息吹き』)• 記者協会の選定する賞、を受賞した。 19世紀末のイタリア。

次の

ラウラ・アントネッリの映画作品

ラウラ アン トレッリ

また、DVDはレンタルも行っています。 なお、数々のエロティックな映画を世に問い続けたサルヴァトーレ・サンペリ監督は、劇場用映画としては同作を最後に、2009年に亡くなっています。 展開は容易に想像がつくと思います。 2006年(平成18年)に国は原告の主張を認め、10万8千が支払われた。 監督 出演キャスト. 略歴 [ ] 1941年(昭和16年)、当時領だったプーラで生まれ、幼少期に家族と共にに移住する。 1991年(平成3年)、自宅でが押収され、所持・密売の容疑で、3年半の刑を言い渡される。

次の

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ主演女優賞

ラウラ アン トレッリ

興行的な成功のみならず、主演のラウラ・アントネッリはイタリア映画記者組合が毎年出している<ナストロ・ダルジェント賞>の主演女優賞を受賞しました。 マリアンジェラ・メラート (『 Caro Michele』)• 73歳でした。 さすがに一家で正装までして息子の筆下ろしを祝うエンディングには「なんだかなあ」と思わずにはいられませんが。 (『』)• 『』 Malizia : 監督、1973年 - 受賞• イタリア半島の北西部、トスカーナ地方のベルシリアというリゾート海岸が舞台。 2015年6月22日、のため死去。 『続』の撮影監督は、前作のストラーロに替わり、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督のほとんどの作品やフェデリコ・フェリーニ監督の後年の作品で腕を振るったトニーノ・デッリ・コッリ。 73歳没。

次の

ラウラ・アントネッリ

ラウラ アン トレッリ

撮影はクラウディオ・ラゴーナ、音楽はアルマンド・トロバヨーリ、編集はライモンド・クロチアーニ、美術はフィオレンツォ・セネーセ、衣裳はガブリエラ・ペスクッチが担当。 『』 : 監督サルヴァトーレ・サンペリ、1975年• 1968年• 表舞台から完全に姿を消してしまうのです。 (『皇帝のビーナス』)• (『 L'anatra all'arancia』)• さらに下記のインターネット・オンデマンドでもご覧になれます。 『』 : 監督、1980年• お待たせしました。 『青い体験』は1973年にイタリアで製作、公開された映画で、いわゆる筆下ろし(=男子の初体験)モノというジャンルの嚆矢となった作品です。 19世紀末のイタリア。 (『』)• 1971年(昭和46年)の『』などでセクシーな役を演じて、ヨーロッパで少しずつ知られるようになる。

次の

追悼ラウラ・アントネッリ。男子永遠の夢『青い体験』

ラウラ アン トレッリ

イジニオ・ウーゴ・タルケッティの原作を基にルッジェーロ・マッカリとエットーレ・スコラが脚色。 『青い体験』には父親のイニャツィオがニーノに「去年はあんなに欲しがってたじゃないか」とバイクを買ってやろうとするくだりがありますが、なんだか因縁めいたものを感じます。 アントネッリは、常習は認めたものの密売は否定、2000年(平成12年)にはが認められ、判決が取り消された。 ストラーロとは対象的に、ギラギラとした海辺の夏の風景をコッテリとした色彩で捉えています。 (『』)• (『美女の中の美女』)• 1972年• 『』 : 監督、1975年• (『』)• 『』 : 監督、1972年• また、『コニャックの男』で共演したと恋仲になり、2人の関係は10年ほど続いた。 今度の時代設定は1956年です。 1970年• つまり、前作が公開されてから10カ月しか経っていないのです。

次の

全19作品。ラウラ・アントネッリが出演した映画ランキング

ラウラ アン トレッリ

1971年• (『想い出よ、今晩は!』) 1970年代 [ ]• 受賞と候補者一覧 [ ] 太字が受賞者。 (『 La ragazza con la pistola』)• 『』 : 監督、1969年• 『』 : 監督、1973年• 葬儀に始まり結婚式に終わるこの物語は、脇役として神父もいて、全編にカトリックの気配が濃厚です。 今度は奥さんやお子さんの目を盗んで再び夢に耽溺してください。 テクニカラー、テクニスコープ。 製作はフランコ・コミッテリ、監督は「ジェラシー 1970 」以後の作品が10作ほど未公開に終わっていたエットーレ・スコラ。 (『魂のジュリエッタ』)•。

次の