マンパワー。 「マンパワー」とは?意味や使い方をご紹介

「マンパワー」とは?意味や使い方をご紹介

マンパワー

「マンパワー」はカタカナ語で、その意味は「 人間の労働力」です。 IT業界でよく使われる 「マンパワー」は比較的IT業界でよく使用される言葉です。 カタカナで表現されていることから、英語が語源であることは予想しやすいですが、元々は英語の「man」と「power」をつなげた言葉です。 近年ではジェンダーの観点から、男性を意味する"man"を、女性を含めた人間全体を表す言葉として使うのはおかしいのではないか、と主張する動きもあります。 限られたマンパワーでは厳しい 「大きな仕事が舞い込んできたが、それをやり遂げるための人的資源が足りない」「納期に間に合うか、きちんとした仕事ができるか、分からない」などといったときに「限られたマンパワーでは厳しい」という表現がされます。 ちなみに"man"には「仲間」という意味もあります。

次の

「マンパワー」とは?意味や使い方を解説!

マンパワー

「マンパワーが足りない」は「人手が足りない」という意味で、人材不足を表します。 色々な業種の現場で様々な作業に当たる人を指すことが多くなっています。 マンパワーの例文 マンパワーが足りない 例えば、急な作業が入ったり、不測の事態が起きたり、といつもとは違う流れが発生して忙しい時に「マンパワーが足りない」という言葉が使われます。 マンパワーの語源 英語が語源 マンパワーはアルファベットでは「manpower」と表記します。 人材確保の重要性を表現しています。 世代的にも幅広く使えます。 そして「マンパワーを投入する」とは、人手を増やす、ということになります。

次の

「マンパワー」とは?意味や使い方をご紹介

マンパワー

。 IT業界で仕事をするなら、こういったことを耳にしたときは、人員確保をしたり仕事を割り振ったりできるよう、覚えておくとよいでしょう。 上記の解説のように、能力を事業者に提供するのが「労働力」です。 労働者。 マンパワーとは名詞として、 「マンパワーを投入する」「マンパワーが足りない」「マンパワーを確保する」といった使い方をします。

次の

「マンパワー」とは?意味や使い方を解説!

マンパワー

"manpower"には「仲間の力」といったニュアンスもあるかもしれません。 そして、多くの場合その対価として賃金をもらい、事業者は労働力に見合った賃金を支払います。 例えば、人手が足りずに納期が遅れる、という事態に陥っては取引先に対する信頼に関わるため「マンパワーの確保が重要」、という表現がされます。 マンパワーの類語 マンパワーの類語として「人手」「作業者」「労働力」といった言葉があります。 作業者 指示された業務をこなすのが、「作業者」です。 人手 「人手が足りない」「人手を借りる」など、仕事や作業等をする上でのマンパワーを表現する言葉。

次の

「マンパワー」とは?意味や使い方を解説!

マンパワー

「man」は「男性」の意味として使われることが多い言葉ですが、今回のような場合では「人間」を意味しています。 もう少し砕けた言い方では「 人手」、よりかたい言い方では「 投入できる人的資源」となります。 human resourcesが一般的 英語圏での表現は「human resources」の方が一般的です。 マンパワーは「manpower」とも表記することができ、これは英語の「man」と「power」をつなげた言葉です。 まとめ 「マンパワー manpower 」の意味、使い方、マスターできたでしょうか。 Humanは人間、Resourcesは資源、供給源等という意味。 したがって、これを日本語にすると、「人的資源」と訳すことができます。

次の

マンパワーとは?意味や使い方について解説

マンパワー

「power」は直訳すれば「力」ですが、「できること・能力」も含めた仕事の力、「労働力」を表しています。 "manpower"の"man"は「男性」という意味が最も一般的ですが、広く人間全体や、男女関係なく 「人」を表す際にも使う単語です。 一般的な仕事の現場ではもちろん、日常生活の中でも使われる表現です。 「マンパワーが足りない」「マンパワーの確保が必要」などと言われたときに、適切に対処できるようにしましょう。 「マンパワーを確保する」は「人材を確保する」という意味で、新規採用や人事異動などで新たな人材を職場に確保することを表します。

次の