ハイ スペック ゴルフ。 【本音を暴露!】ハイスペック男子の恋愛観とハイスペックの基準

”GTI”があればスポーツカーはいらない!? ゴルフ GTIのハイスペックモデル2種をサーキットで乗り比べてみた!(1/5)

ハイ スペック ゴルフ

2km/Lへと、約18%向上させた。 6Lを用意。 スポーツモデルとしておなじみの ゴルフGTI、4輪駆動で高性能グランツーリスモの ゴルフR、ステーションワゴンの ヴァリアントといった車種が、従来からあるラインナップ。 車線変更を安全にサポートするSide Assist Plusや出庫時の後方安全確認をサポートするリヤトラフィックアラートを新たに加わえることで、安全性をさらに高めた。 TSIコンフォートラインは16. 6L直4OHC。 また両モデル標準装備として、8つのエアバッグや、不安定な状況に陥るおそれがある場合にブレーキやエンジン出力を統合的に制御するESP(エレクトロニックスタビリゼーションプログラム)、上級「2. 外観はフロントとリヤにRライン専用のバンパー リヤはディフューザー付き を装着したのを始め、ボディサイドにはサイドスカートと専用デザインの5ダブルスポーク17インチアルミホイールが装着されてサイドビューを引き締めている。

次の

ゴルフヴァリアント(フォルクスワーゲン)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

ハイ スペック ゴルフ

スポーツグレード「GTI 16V」は、1. 296のエアロダイナミクス、さらに新開発のオールアルミ製1. フォルクスワーゲンを代表するミディアムハッチがゴルフ。 ゴルフトゥーランは、フォルクスワーゲン初のプレミアムコンパクトミニバン。 グレードは「TSIコンフォートライン」と、バイキセノンヘッドライト、パドルシフト、アルカンターラ&ファブリックシートを装備した「TSIハイライン」、スタイリッシュな外観と充実した装備の「クロストゥーラン」をラインアップ。 4L直列4気筒DOHC IC付ターボ搭載の「TSIハイラインブルーモーションテクノロジー」の計2レコード用意。 直列3気筒1Lガソリンターボ 出力(2種):90ps or 110ps• また、センターコンソール後方にもエアコン送風口を設置し、後席の居住性を向上させた。 さらに、大容量のSDナビゲーションシステムを中核に、リヤビューカメラ「Rear Assist」と最新のDSRC(ITS スポット対応システム)車載器(ETC 機能付)を組み合わせた、純正ナビゲーションシステム712SDCWを標準装備。

次の

ゴルフ (ハッチバック)/フォルクスワーゲン|スペック

ハイ スペック ゴルフ

その意味で今回のヴァリアントはゴルフVとVIの中間にあるようなモデルといえる。 今回、「TSIコンフォートライン」、「TSIハイライン」をベースに特別仕様車「TSIコンフォートライン コネクト」、「TSIハイライン コネクト」を設定。 8Lターボにティプトロニック5AT、2Lと1. 2015年1月1日には価格改定を行った。 7速DSGとの組み合わせによって1. グレードは、「ゴルフトゥーラン」初のエントリーグレードとして「TSI トレンドライン」、従来型同様の「TSI コンフォートライン」と最上位グレードの「TSI ハイライン」、Rライン専用の内外装部品を加えたコンパクトMPV「TSI Rライン」、さらに最新の2L TDIエンジン、最高出力110kW(150馬力)、最大トルク340Nm(34. 今回、「クロストゥーラン」の個性をさらに際立たせるために、これまでのブラックファブリックシートをブラック&グレー(2トーンのファブリック&アルカンターラ)へ変更し、ドアトリムなど一部のインテリアの色調変更やアルミホイールのデザインを変えることで、よりスポーティな外観と明るくルーミーで快適な室内空間を実現。 盗難防止装置としてイモビライザーを装備する。

次の

【VW新型ゴルフGTI】「ゴルフ8GTI」フルモデルチェンジ発表!最新情報、スペック、価格、燃費は?

ハイ スペック ゴルフ

ラインアップは、エントリーグレードとなる「TSIトレンドライン」、上級「TSIコンフォートライン」、スポーツモデル「2. 8L DOHC16バルブから最高出力125馬力を発生、60扁平タイヤを装着し、インテリアはタコメーター、スポーツステアリング&スポーツシート、ゴルフボール型シフトノブなどを装備する。 2011年からクルマとヒトに照準を絞った「モノ書き兼エディター」として活動中。 0TSIスポーツライン」の2モデルを設定する。 「TSI コンフォートライン」には先進安全装備のレーンキープアシスト「Lane Assist」、ダークティンテッドガラスなどを標準装備。 また、ドア開口部が拡がり、2列目の左右(外側)シートにワンタッチで前方にスライドする「イージーエントリー機能」を採用したことで、3列目シートの乗り降りもこれまで以上に容易になった。

次の

ゴルフトゥーラン(フォルクスワーゲン)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

ハイ スペック ゴルフ

ラジオシステムの「コンポジションメディア」は6. 快適装備はコンフォートライン以上に2ゾーンフルオートエアコンが標準で、シートはグレードに応じてスタンダードシート、コンフォートシート、アルカンターラ&ファブリックのスポーツシートが用意される。 日本発売日は2020年末から2021年初旬になるとみられています。 排気量毎のGLiとEの2タイプ。 1kgmも上回るRのエンジンですが、電子制御クラッチにより強烈なパワーとトルクを、走行状況に合わせて4つの車輪に的確に配分します。 軽量スチールか、しなりにくいカーボンシャフトがおすすめです。 2L TSIエンジン搭載車は、車両重量わずか1,240kgという軽量化の効果と相まって、21. ゴルフトゥーランは、ゴルフベースの3列シートミニバン。 6世代目となるVW「ゴルフ(GOLF)」。

次の

ゴルフ ヴァリアント/フォルクスワーゲン|スペック

ハイ スペック ゴルフ

9km/L(JC08モード)の燃費を実現。 2015年1月1日には価格改定を行った。 LIGHT」を装備し、22個のLEDを使用して配光を変化させることで快適な視界が確保されています。 2リッターの直噴ターボを搭載するTSIトレンドラインを追加。 5世代目「ゴルフ」は、初代からのゴルフらしさを継承しながらも新たにダイナミックな走り、プレミアムクオリティ、エモーショナルなデザインという、3つの要素が存分に盛り込まれている。 組み合わされるトランスミッションは、フォルクスワーゲン独創のDSG。

次の

フォルクスワーゲンVWゴルフの評価・口コミを辛口チェック!

ハイ スペック ゴルフ

フォルクスワーゲングループジャパンは2014年1月から販売しているゴルフヴァリアントに、国内で販売するゴルフシリーズとして初めてのRラインモデルを追加設定し、2014年9月2日に発売した。 インテリアには、VW純正インフォテイメントシステムDiscover Pro(DSRC:ITSスポット対応システム車載器+ETC機能付)を標準装備。 8L(91馬力)と2L(116馬力)の直列4気筒、それにV6 2. 4L TSIエンジンは、最高出力が従来型よりも10馬力増え、150馬力/5,000〜6,000rpm、最大トルクは従来型よりも30Nm大きく250Nm/1,500〜3,500rpmとなり、コンパクトMPVでは、トップクラスのパフォーマンスを実現。 テレマティクス機能「Guide&Inform(ガイド アンド インフォーム)」を追加したVolkswagen純正インフォテイメントシステム「Discover Pro」を標準装備。 4L TSIエンジンを搭載し、専用デザインの17インチアルミホイールやダークテールランプ、デュアルエキゾーストパイプ等を採用した「TSI ハイラインブルーモーションテクノロジー」を設定。 全モデルにABSやESP(エレクトロニックスタビリゼーションプログラム)、ブレーキアシスト、オートハザードランプ等のアクティブセーフティ装備に加え、6エアバッグやフォースリミッター付シートベルトテンショナー(運転席/助手席)等の安全装備を標準で搭載。

次の

ゴルフ (ハッチバック)/フォルクスワーゲン|スペック

ハイ スペック ゴルフ

4リッターのTSIエンジンを搭載するモデルがTSIコンフォートラインの3グレードで構成されている。 また、エンジンはゴルフGTIと同じ排気量2L 直噴ターボエンジンを搭載しながら、ノーマルを30PS上回る230PSの最高出力を発揮。 エクステリアは、アルミニウムルックのフロントグリルや専用の前後バンパー、青く塗装されたブレーキキャリパー、更にはセンター出しのツインエキゾーストパイプなどにより、ノーマルとは別格、。 今回発売するのは、「ゴルフGT TSI」に採用し、高出力と低燃費という相反する要素を高い次元で両立した、革新的なツインチャージャーエンジン「TSI」を搭載。 0km/L(JC08モード)の燃費を実現。 先行車との車間を自動的に制御して追従走行するアダプティブクルーズコントロール「ACC」と高速道路等での渋滞時にドライバーの運転を支援する「Traffic Assist」は、レジャーや長距離移動などでハンドルを握る機会が多い時に疲労を低減。

次の