アーモンド アイ 引退。 【アーモンドアイ】次走の最新情報!!ドバイはまさかの中止...。

有馬記念はドラマティック。引退馬2頭か実力3歳馬が劇的結末を呼ぶ|競馬|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

アーモンド アイ 引退

東スポweb. 3歳牝馬のジャパンカップ制覇は、2012年のを制した以来6年ぶり2頭目。 前日に関東地方を襲った強い雷雨の影響で稍重馬場で行われたレースでは、ゲートの中で気持ちが高ぶった結果、タイミングが合わず1馬身ほど後手を踏んだ。 サンスポZBAT!競馬. 実績だけを見れば抜きん出ているだけに、豪華メンバーが予想される今年の天皇賞でも断然の1番人気が予想されるアーモンドアイ。 ヴィクトリアマイル [ ] 帰国後のアーモンドアイの今後のローテーションは未定となっていたが、4月25日に所属のシルクホースクラブより引き続きルメール鞍上で、へ参戦する事が発表された。 そんなアーモンドアイの次走について、最新情報をいち早くお届けしたいと思います。 3世代の菊花賞馬が3、4、5着に来ているように結果的に血統的に「スタミナ勝負」となったこともアーモンドアイにはマイナスだったのかもしれない。

次の

アーモンドアイ

アーモンド アイ 引退

blog. 最初は、それこそドバイターフ連覇をはなむけにして、血統背景からウオッカのように海外のビッグサイアーと交配するプランでもあるのかなと思っていたが、有馬参戦で狙いが変化したところがある。 netkeiba. なかでも、「現役最強馬」アーモンドアイ(牝4歳)が急きょ出走を決めたことで、一段と盛り上がりを見せている。 ルメール 3 2019年03月30日 ドバイターフ G1 C. 「今年、有馬記念が引退レースとなるのは、アエロリット(牝5歳)、アルアイン(牡5歳)、クロコスミア(牝6歳)、シュヴァルグラン(牡7歳)、リスグラシュー(牝5歳)、レイデオロ(牡5歳)の6頭。 8 C. 彼はディープインパクトでもオルフェーヴルでもなかった・・・凱旋門賞チャレンジは、白紙になりました。 130• (自身が)3冠を取ったのは世界で初めて。

次の

【競馬】アーモンドアイVS3歳馬の構図【サリオス・デアリングタクト・コントレイル】: オルフェンズの仔~~競馬ネタ予想まとめ

アーモンド アイ 引退

ルドルフの最終レースはアメリカ。 その後アーモンドアイらJRA所属馬は無事に帰国。 スポニチアネックス 2018年10月14日閲覧。 9(32. しかし、ファンからすれば、やはり「あのレース」に出てほしかった、という気持ちもあるようだ。 5 0(1人) 09着 R2:32. この年は5戦無敗でGI4勝の実績が評価され、、最優秀3歳牝馬共に満票で選出された。 競走成績 [ ] 以下の内容は、netkeiba. エリ女、マイルCSなら有馬出てから引退してくれよな。 2秒迫るタイムであった。

次の

アーモンドアイ、初のGI8勝目へ。「ルドルフの呪縛」がついに解ける?

アーモンド アイ 引退

シンボリルドルフ、ディープインパクトといった歴史的名馬でも、その壁を超えることはできなかった。 2020年1月4日閲覧。 news. 香港遠征(回避) [ ] 天皇賞制覇後は連覇が懸かるジャパンカップ出走や香港遠征など幾つかの選択肢があった が、最終的にへ出走する事が決まった。 出走馬はこの年の宝塚記念とを勝ったなど、11頭のG1優勝馬が名を連ねた。 なぜ、歴代の名馬は「GI8勝」の壁を超えられなかったのか。

次の

アーモンドアイへの願い ~ 引退時期、凱旋門賞?ドバイターフ?

アーモンド アイ 引退

なおジェンティルドンナはシンザン記念と桜花賞の間にチューリップ賞に出走している。 鞍上のC. 1倍、最終的には1. また鞍上がルメールに戻っての出走となった。 0 C. 2019年12月23日閲覧。 いつ現役を引退するかはわかりませんが、イケるところまでイッて欲しいですね! アーモンドアイに一言 記事の終わりにこの場を借りて、ボクからアーモンドアイとルメール騎手にエールを送らせて頂きます。 www. 今回は牡馬も出走。 翌日には平熱にまで戻ったが、「輸送とかでぶり返す可能性があるので、大事を取った。

次の

アーモンドアイが凱旋門賞を走らない理由を詳しく解説ーPart2大人の事情ー

アーモンド アイ 引退

ルメール騎手は1度もムチを使わずに、4馬身差で圧勝という離れ業をやってのけました。 2019年12月22日閲覧。 「グランプリ」の名にふさわしく、11頭ものGIウイナーが出走予定。 2019年12月10日閲覧。 2019年9月12日閲覧。 日本中央競馬会 2019年10月27日. 次走は勝利し、日本馬歴代最強の名を刻むことを期待しています。 最後の直線で突き放したのはグランアレグリア。

次の