安倍 晋三 イラン。 安倍首相のイラン訪問 海外識者に聞く :日本経済新聞

安倍首相のイラン訪問 海外識者に聞く :日本経済新聞

安倍 晋三 イラン

中東歴訪を前に取材に応じる安倍晋三首相=11日午前、東京・羽田空港 首相は11日午前、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの3カ国歴訪のため、政府専用機で羽田空港を出発した。 そして、「仮にそれをやったとしても、達成できないだろう。 在イエメン大使などを歴任した元外交官で、中東情勢に詳しくを運営する野口雅昭氏が解説する。 中東戦争になってしまいますから。 イランは米国の制裁を受け、物価高騰で国民の不満が募っており、今回の会談でも投資や原油売却など経済的な「実利」を望んでいた。

次の

安倍首相、イランへ出発 「日本として役割果たす」:朝日新聞デジタル

安倍 晋三 イラン

高橋)実権を持っている人と直接話せるのだから重要です。 ハメネイ師が米国との関係修復への意向はないことから、イランの専門家の間ではロウハニ大統領の出席には懐疑的な見方をしているそうだ。 トランプのような人物からそれを望んで来ることはないからである。 (参照:「」、「」) 一方、安倍首相は米国はイランの政治体制を変えようとする意向のないことをトランプ大統領のメッセージとしてハメネイ師に伝えた。 日本政府が持っている情報は公開情報レベルだけでしょうから、『いま中東で何が起きているのか』という基本から問題の所在を探っているところではないでしょうか」 安倍晋三首相はかねてから、米国のトランプ大統領と「ドナルド」「シンゾー」と呼び合う緊密な個人的関係を誇ってきた。 外務省によれば、これについてロウハニ大統領は「イランの立場について説明した」という。 イラン側の要請で約25分間行った。

次の

米国とイランから「余計なお世話」と言われた日本

安倍 晋三 イラン

FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00. 高橋)そうでしょう。 出発に先立ち、首相は記者団に「中東地域の緊張の高まりを深く憂慮している」と表明。 安倍首相とハメネイ師の会談について、首相官邸サイトでは次のように書いている。 首相は専用機への搭乗前、記者団に対し「国際社会の注目が集まる中で、この地域の平和と安定に向けて、日本としてできる限りの役割を果たしていきたい」と語った。 ジャレット・ブラン氏 カーネギー国際平和基金のジャレット・ブラン氏 安倍晋三首相のイラン訪問は米・イランの緊張を少なからず和らげる効果がある。 13日、イランの最高指導者ハメネイ師との会談後にこう語っていた安倍首相。 安倍晋三総理がイランを訪問した直後、日本籍のタンカーがUAE沖で攻撃を受けた。

次の

安倍首相、中東歴訪に出発 イラン問題で仲介外交:時事ドットコム

安倍 晋三 イラン

トランプ大統領は、「いずれイランはもう1度核を武器として使って来る。 現在イランとアメリカは、アメリカが空母を派遣して一触即発という状況です。 この地域の平和と安定の確保に向けた大きな前進です」と得意げに自国メディアに語るというようなおめでたい話でいいのだろうか。 飯田)ここに真意を伝えてくれと。 安倍首相や官邸が「平和と安定の確保の前進」をあざ笑うかのように、ホルムズ海峡で日本のタンカーなど2隻が何者かによる砲弾の攻撃を受けた。 飯田)角を突き合わせた状態で、アメリカとイランの間には国交もなく、話し合いのチャンネルがなかった。 私からはいかなる返事もありませんし、将来においても返答するつもりはありません」と答えた。

次の

安倍総理がイラン訪問~中東外交でも大きな成果を上げるか

安倍 晋三 イラン

安倍首相がトランプ大統領の意を受けて、イランを訪問し、ハメネイ師と会談することは、中東でも大きく報道されたため、今回の攻撃は、両者の会談に合わせたものと考えるべきだろう。 回答しない」と述べて、安倍首相のトランプに依頼された米国との関係修復のための特使としての務めを一蹴した。 何らかの形で日本が間に入って伝えるのもいい。 (伊沢友之). 世界が注目した安倍首相とハメネイ師との会談であるが、「地域の平和と安定の確保に向けた大きな前進であると評価しています」と肯定的な評価だけで、相手の厳しい反応を一切伝えない首相官邸の発表は、日本国民をミスリードするものであろう。 一方のトランプは、訪日中に安倍首相にイランへのメッセージをことづけておきながら、帰国するや新たにイランの石油化学産業に制裁を科した。

次の

安倍首相のイラン訪問 緊張緩和の仲介とは程遠い中身と日本側の甘い評価(川上泰徳)

安倍 晋三 イラン

飯田)メッセンジャーを務めようとしていたヨーロッパの国々、ドイツも半ば匙を投げる形になっています。 両方にパイプがある安倍さんがトランプさんに頼まれたという見方が強いですね。 さも、安倍首相がハメネイ師から新たな言質を引き出したかのように「演出」していたから呆れる。 ただし、朝日新聞は紙面としてはもっとも肯定的な見出しとなっている。 ホルムズ海峡は日本にくる原油を運ぶタンカーの8割が通過すると言われる要所で、トランプ政権が対イラン強硬策をとり、緊張が高まる中、ペルシャ湾岸のバーレーンに基地を置く米海軍第5艦隊は、海峡周辺のパトロールを強化している。

次の

安倍首相、イランへ出発 「日本として役割果たす」:朝日新聞デジタル

安倍 晋三 イラン

イランは核合意の履行の一部停止を打ち出すなどして反発。 実際の状況は少し異なっていたようだ。 日本国内での日本語による報道ではあたかも何か成果があったかのように報じられているが、現地メディアやスペイン語メディアとはまるで正反対の様相なのだ。 更に安倍首相を前に「イスラム共和国は米国を信頼しない。 2019年3月(アリー・ハーメネイー — Wikipediaより) トランプ大統領に頼まれた形のイラン訪問~ポイントはハメネイ師との会談 高橋)日本ではあまり大きく扱わないかもしれませんが、多分世界では、安倍総理のイラン訪問はかなり大きく扱われるでしょう。

次の