静岡 新聞。 NET de びぶれ♪ |静岡新聞びぶれの生活情報サイト

人事 県警異動 /静岡

静岡 新聞

/保険と仲良く生きよう。 作品は私の心の中にある富士山の姿です。 身支度をして静岡へ帰るこの広告を見て、「私も帰ろうかな」と思ってくれるような作品を目指しました。 公募部門受賞作品 テーマ「静岡発見」。 その家の本質を支える、技術力や工事品質という目には見えない価値を、新聞全15段というスペースを活かし写真構成で表現しました。

次の

静岡新聞・静岡放送東京支社ビル

静岡 新聞

新聞広告のスチール写真でも、袖を通した瞬間に分かる快適さを、肌感覚で伝わる表現を目指しました。 先人が守ってきた財産=通帳という形で表現しました。 ご了承ください。 一般の方には期待感を、職員には使命感を、熱い想いとともに訴求することを狙いました。 徳川氏は冒頭のみ出席。 毎年恒例の鮮魚まつりですが、広告にも鮮度をもたせることを目的に、本企画は微笑みといえば、この人。 さらに掲載数の多い正月広告の中で目立つためには、正月らしからぬネガティブなコピー「竜ヶ岩洞の嘘つき!」と入れることで他の広告との差別化を図り、読者、特に若者に共感を得られるよう制作しました。

次の

地域

静岡 新聞

「恐いけど仕方なく通う場所」から「なんとなくだけど、自分を成長させてくれるポジティブな場所」として、自動車学校という場を捉え直すことができるのではないか。 圧倒的な大きさ、黒々としてゴツゴツとした生 命力あふれる山肌と、空と雲の対比。 家康が愛した駿府は決して夢のような話ではなく、今でもひっそりと息づいているのです。 池田屋 【企画意図】 時代の変化に驚きつつも、大好きなお孫さんのことを思いながら、いっしょにランドセル選びを楽しむおじいちゃんとおばあちゃん。 石川郁美 【作品コンセプト】 「富士山世界遺産登録に沸く地元」というニュースを聞いて、何か違和感を感じたのは私だけでしょうか。 赤いリボンはその道のりも表しています。 輕部真帆 【作品コンセプト】 静岡県民といえば温厚でのんびりしているというイメージが強いです。

次の

【メディアポ】静岡新聞社本社(静岡市駿河区)

静岡 新聞

そんな思いを抱え、この静岡駅前の好立地と、葵タワーというランドマーク的外観を利用し、まるでマンション販売かのような不動産広告に見立て、そのすべての良さをビジュアルとコピーワークで表現してみました。 デザインでは、県内高校校歌の富士山に触れた箇所を抜き出し、葛飾北斎の絵のシルエットになるように構成しました。 10番目だから静岡県に住んでいることが自分にとってラクなんだな!そんな気持ちになりました。 称号があってもなくても、富士山への愛に変わりはありません。 5月25日(525=こっこの誕生日)の紙面で、卵の殻から出た、まだまだひよっこのこっこが県民に話しかける表現にしました。

次の

NET de びぶれ♪ |静岡新聞びぶれの生活情報サイト

静岡 新聞

静岡新聞は発行部数が地方紙としてはトップです。 世界遺産になった今後、私たち県民一人一人が考え、行動していかなくてはいけないことの覚悟と責任をアピールしました。 海洋漁業や船元というと歴史がある、古いイメージにとらわれがちですが、生活者に密着した事業社として地域に元気を見せたい、年末ならではの鮮魚まつりで「福一が、何か面白いことやってるぞ!」と伝えたい思いで制作しました。 藤田真実保 【作品コンセプト】 福長浅雄さんは、日本で初めて人を乗せて空を飛ぶ旅客機「天竜10号」を発明しました。 その有益性を分かりやすく、かみくだいてビジュアル化しました。

次の

静岡新聞の購読

静岡 新聞

匿名は採用できません。 ~でしょうという推量の意味で頻繁に使用する 」を使用し、だらだらして見える面だけではなく躍動的な面もあることをアピールしました。 そんな当たり前を提供し続けるバス運転士たちは、元旦も普段通りのサービスを提供しますが、安全輸送に対して改めて意識を高める特別な日でもあります。 「つくる」をコンセプトに視覚的なメッセージとして伝えると共に、新聞の特性でもある「読む媒体」と、その「信憑性」を活用し、ビジュアルに添えたコピーでクライアントの想いを表現しました。 温泉の温かさを全面のオレンジ色で表 現。 そんな折、2015年7月に静岡県伊豆の国市にある韮山反射炉が世界遺産に選定されました。 掘り下げていくと、いろんな「なるほど!」が見つかります。

次の

静岡新聞に投稿する

静岡 新聞

掲載写真には薄謝を進呈します。 シズカホーム 【企画意図】 モデルハウス招聘型から、個別提案型営業への転換をメッセージ。 その結果、運転免許を取得した際には、インストラクターやスタッフへ報告のために足を運んでくれる生徒が多くなっています。 振り返れば、時代の先頭に立って、あるいは時代と闘いながら、70年代の若者が築き上げた文化はとても多い。 業界の先駆者として常に挑戦と変革を繰り返しています。

次の