トッテナム 対 rb ライプツィヒ。 トッテナム戦で輝いたライプツィヒのDNA。ナーゲルスマンが導入した自己陶酔に陥らないポゼッションの形【欧州CL】

RBライプツィヒvsトッテナム~新時代の到来~【サッカー】

トッテナム 対 rb ライプツィヒ

2016 MF [ ]• (文:本田千尋) 【了】. (文:本田千尋) ———————————————— 後半のアディショナルタイムに入ってなお、ボールを失った直後に奪い返しに行く姿勢=ゲーゲンプレッシングが徹底されていたところに、この試合に対するRBライプツィヒの意識の高さが現れていた。 そして10分後には追加点を奪った。 選手名 3 29 No. CLのベスト8に辿り着こうとする野心はむき出し。 アウェイRBライプツィヒ:数年でドイツの強豪まで成長したチームで勢いがあります。 ポゼッションにこだわらない采配 トッテナムが最後までリズムを掴むことができなかったのは、こうしたレッドブルのDNAにとことん苦しめられたからだろう。

次の

トッテナム・ホットスパー対ライプツィヒ【予想とオッズ】 • ベッティングトップ10

トッテナム 対 rb ライプツィヒ

このように相手が埋めた場所を見極めて「後出しジャンケン」で五角形の空く場所に縦パスを通し、前進するのがこの試合のライプツィヒ。 トッテナムに付け入る隙を与えてしまっている状況だが、トッテナムもそのチャンスを生かすことができない。 0 周囲のサポートを得て相手キーマンのヴェルナーに食らいついたが、攻撃面ではほぼ見せ場を作れず 6 D・サンチェス 6. こんなシーンは様々な試合で見ることができます。 712• 選手名 36 加入内定選手 [ ] No. ナーゲルスマンが激怒して第4審判に詰め寄る。 トッテナム 0-1 RBライプツィヒ 【ライプツィヒ】 ヴェルナー 後13 【PK】 超WORLDサッカー!. 1,352• ただでさえ手負いの相手攻撃陣が、さらに手薄になるのだ。 1,069• 今回題材にするのは、先日発売のフットボール戦術批評にて僕が分析を書かせてもらったライプツィヒ。

次の

トッテナム戦で輝いたライプツィヒのDNA。ナーゲルスマンが導入した自己陶酔に陥らないポゼッションの形【欧州CL】(フットボールチャンネル)ボールを保持するが遅攻にこだわりはないUEF…|dメニューニュース(NTTドコモ)

トッテナム 対 rb ライプツィヒ

中央からのビルドアップで鍵を握ったのが、「五角形」です。 もちろんCLの決勝トーナメントというテンションが異様な試合が、選手たちの緊張と集中を一層高め、さらにアップ・テンポのサッカーに繋がった側面もあるだろう。 5のオッズが渋かったので、どちらかのチームに寄ることを期待し、こちらで勝負します。 ライプツィヒの選手たちにとっては、ルーカス、デレ・アリ、ラメラの3枚の攻撃陣は、さほど怖くなかっただろう。 しかし、立ち上がりから積極性を見せたのはホームのライプツィヒ。 マルクランシュタットの買収段階でも反対運動があったが、ザクセン買収時ほどの広がりを見せることはなく、地元新聞社の調査でも約7割のサポーターが買収に好意的であった。

次の

トッテナム戦で輝いたライプツィヒのDNA。ナーゲルスマンが導入した自己陶酔に陥らないポゼッションの形【欧州CL】(フットボールチャンネル)

トッテナム 対 rb ライプツィヒ

昨年のと同様、台風の目となる可能性は十分にあるでしょう。 この1点で2戦合計のスコアは2-0となり、勝負はほとんど決まったようなものだったが、ライプツィヒはプレーの強度を決して落とさない。 今、最も読まれているベスト5!• Pos. 2点をリードしているライプツィヒのベンチが先手を取って動いていく。 トッテナム・ホットスパーが優勢となっているようだが、果たして勝利の女神はどちらに微笑むだろうか…? Tags: , , ,. もっと点差をつけて勝っていた可能性もある」と振り返った。 中盤の選手で、右サイドハーフとセンターハーフが主戦場ですね。

次の

スパーズがライプツィヒに黒星、モウ監督「非常に難しい状況」 欧州CL 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News

トッテナム 対 rb ライプツィヒ

5 逃げ切りを図る中で中盤に運動量と強度を与えた 21 シック 6. 29試合40失点と、 ビッグ6では最も失点が多く、昨シーズンの総失点(38試合39失点)を既に超えています。 シックに対してサンチェス 6 が寄せてはいますがシックのキープ力が勝ち、素早く落としを受けれる位置に移動したザビッツァーに渡してレイオフ成立。 加えてハリー・ケインやソン・フンミンを欠いたことで、トッテナムの選手たちには、強力なプレスを掛けられた時の逃げ道が少なかった。 終盤はライプツィヒが逃げ切り態勢に移行したため、トッテナムは攻め込む時間を作りましたが、及ばず。 トッテナムの4-4-2ブロックを操るようにフリーマンを作り、縦パスを通し、SBを絞らせ、大外を使って崩す。 そして87分という終盤に、エミル・フォルスベリが3点目を決めたことからも分かるように、ライプツィヒの選手たちは最後までテンションを落とさなかった。

次の

19

トッテナム 対 rb ライプツィヒ

加えてボール保持者もきちんとその場所を見れているため、相手にとって非常に脅威となっています。 終章 総括 第1章 ・トッテナムは4-4-2 ・自陣に構え、縦横コンパクトに。 グチャグチャになって1-2でトッテナムが勝ち抜ける妄想 さて、試合の妄想予想です。 ゴール前に走り込んで得点も奪えるセンターハーフですが、ディフェンスラインの裏とか、サイドバックの選手を前に走らせるような、 「スペースへ出すパス」が抜群に上手い選手です。 そこへアンヘリーニョ 3 が進出し、シックからスルーパスを受けます。 DFラインに対して数的優位で、予め立ち位置の有利を得ているため常に空く場所はある。

次の

トッテナム vs RBライプツィヒ

トッテナム 対 rb ライプツィヒ

2020年6月28日 に投稿された カテゴリ: , ,• 枠内シュート=ビックチャンスみたいな。 きっとこの現象が起きます。 散発的にキープ力や打開力を発揮しながら守備にも奔走 FW 27 ルーカス・モウラ 5. 虎の子の1点を守り切る守護神の働き DF 16 クロステルマン 6. 当初はの買収を画策していたが、サポーターの強硬な反対もあり実現しなかった。 マイボール時は無難にパスを捌く 23 ベルフワイン 5. ベスト8進出の絶好のチャンスが降ってきたようなものである。 当時レッドブルは、及びにおいてもサッカークラブを運営しており、レッドブルのサポートするサッカークラブとしては4チーム目に当たる。 トッテナム対RBライプツィヒ 個人的に注目していた試合であった。 DFにブロックされたボールを自ら拾ったドイツ代表FWは、マルセル・ザビツァーに渡す。

次の